日々平穏 ~daily peace~

仕事ばかりしていないで、息抜きに縁側でお茶でもいかがですか?

MENU

1週間耐えぬいた自分への週末のご褒美は必須!

今週も1週間・・・耐えた! 頑張った!

そんな自分への週末のご褒美はこちら!!

f:id:hibiheion:20221126170511j:image                

「週末以外ではお酒も飲まずお菓子も食べない」という自分ルールから解放されるこの日・・・何もかも忘れていざ、アルコールと甘味の世界へ!!

1週間お疲れさまでした\(^o^)/

積みゲーと懐かしいゲーム達、そして昔と今の1本のソフトの違い

最近『ゲームセンターCX』のYouTubeチャンネルが開設されたようで見てみたら、有野課長スーパーマリオワールドをプレイしていました。

 

私も子供の頃スーパーファミコンでやりこんだ思い出のソフトです。

クリアしたことは覚えているのですが有野課長がプレイしている動画を見て「これ今プレイしたらクリアできないかも・・・」と、真面目に思いました(^-^;

つい最近衝動買いした「スターオーシャン6」をクリアした私ですが、昔のゲームには今のゲームにはない難しさと理不尽が盛りだくさんなので、今プレイしたらおそらく心が折れるでしょう。

 

でも昔のゲームって時々無性にプレイしたくなるんですよね(^-^)

PS4積みゲーもかなりの数あるのですが、レトロまでとはいかなくとも昔買ってクリアできなかったものや購入したきりでプレイしていないソフトを漁ってみました。

 

部屋を漁って色々あったソフトの中で私がプレイしたいと思ったのがこちら!

 

当時途中までプレイして辞めてしまったものが大半ですね(;´∀`)

何故途中で辞めたのかは覚えていませんけど・・・

幸いなことにWiiのゲーム機も手元にあり、ちゃんと動く状態なのですが・・・箱にしっかりと閉まってあるんですよね~これが。

ゲーム機を出すのが面倒なのと置き場がない! でもやりたいというこのジレンマ!!

とりあえず今はPS4積みゲーを消化しつつ、年末の長期休みにやる予定です!

 

ちなみにPSvitaも発掘したので充電して起動してみるとテイルズオブイノセンスRが滅茶苦茶途中の状態でしたw

ソース画像を表示

もはやストーリーとか全く思い出せません(T_T)

据え置き機とは違い携帯機なので、暇なときに気分転換を兼ねてプレイを再開してみようと思います(*^▽^*)

 

そしてPSvitaの中にはさらに驚愕のソフトが眠っていました。

高機動幻想ガンパレード・マーチです。

ソース画像を表示

かなり昔に友達に勧められたのですが、その際は興味がなかったので少ししかプレイしませんでしたが今思うと非常に勿体ないことをしました。

あの頃は世界観とシステム面が理解できずに辞めてしまいましたが、今なら楽しめそうな気がするので挑戦してみたいですね。だって紛れもない神ゲーですからね(*^▽^*)

 

レトロゲームでふっと考えたのですが昔のゲームは何かバグがあっても今の時代のように「アップデートパッチで修正する」ということが出来なかったので、ある意味一発勝負だったんだな~と。

逆に一発勝負という緊張感が名作と呼ばれるゲームを作り出していたのでしょう。

 

今の時代のゲームはバグがあってもすぐに修正できるという点では便利ですが、「発売日を延期してでも良いからバグなしのゲームを提供してくれ!」と思ってしまうのは贅沢な悩みでしょうか?

「こちとらフルプライスで購入しとるんじゃ!」と最近は特に感じてしまいます(^-^;

制作発売する側にも色々とあるでしょうが、流石に発売日や次の日に容量が大きいアップデートがあるのは・・・ねえ?

まあその分今のゲームはDLCなどの追加コンテンツが豊富なので、クリアしてからも長く楽しめるのは魅力ですよね。

どちらが良いかは一概には言えませんが昔と今のいいとこどりが出来たら完璧なのにと、私は贅沢にも思ってしまいます。

 

そして私は積みゲーをいつになったら消化できるのか?

どれもプレイしたくて購入したので、死ぬまでには消化したい( ̄▽ ̄)

昼寝最強防寒装備・・・電気ひざ掛けと寝袋!

今週のお題「防寒」

「防寒」と聞いて最初に思い浮かんだものがタイトルにあるように電気ひざ掛けと寝袋でした。

部屋限定の防寒にはなりますが、この組み合わせは私的には最強です(^-^)

主に快適な昼寝を満喫する際に!!

                             

冬場になると就寝する際は温かい敷布に電気毛布、掛布団などを多用しますが昼寝の際にはそんな本格的な就寝グッズは使えません。

ましてや昼寝で布団に入るなど言語道断! やっぱり布団にはお風呂に入ってしっかりと綺麗になってから入りたいじゃないですか(^-^)

「夜の就寝時の寝具と昼寝の寝具はしっかりと分けたい!」・・・まあ私だけかもしれませんが(^-^;

 

11月末になり室内にいても寒く感じる日が多くなってきました。

私は顔が熱くなるのが嫌なので、自室にいるときは基本的に暖房は使用しません。

そこで活躍するのが電気ひざ掛けです。

私が購入したものは少しお値段がはるかわりに、通常のものよりサイズが大きいものです。

具体的には足先から腰くらいまでの長さです。

その電気ひざ掛けの上に寝袋を贅沢にも2枚重ねることで、究極の昼寝用の防寒装備が完成するのです(^o^)

その威力は凄まじく昼寝とは思えないレベルで熟睡できます。

おかげで休日はやることをやったら、究極の昼寝用の防寒装備で爆睡することが最近のマイブームです。

 

快適な昼寝ライフを満喫したい方は是非「電気ひざ掛けと寝袋」の最強の昼寝用防寒装備をお試しあれ!

寝袋から出るのが嫌になるのが唯一の欠点ですが、その分ぬくぬくダラダラできますよw

 

ということで今週のお題「防寒」は「昼寝最強防寒装備・・・電気ひざ掛けと寝袋!」でした。

 

部活の思い出=微妙にしょっぱい

今週のお題「わたし○○部でした」

 

剣道(CSai・png) | 無料イラスト素材|素材ラボ

私は中学の3年間と高校2年の途中まで剣道部でした(^-^)

何故高校2年の途中までかというと、剣道部を辞めて帰宅部に転部したからです。

 

中学の時は友人たちと比較的楽しく部活動として剣道をやっていましたが、高校ではそもそも剣道部の部員自体が少なく新規の入部者は私1人でした(~_~)

剣道部って有名校でもない限りにあまり人気ないですよね・・・

 

本当はすぐに辞めようと思っていたのですが先輩と気が合い尚且つ良い人だったので、先輩が卒業するまではと思い1年間は入部していました。

正直剣道にそこまで思い入れがなかったため、先輩たちが卒業したらすぐに帰宅部に転部しました。

 

ちなみに私の高校時代は「必ず部活動に加入しなければならない」という規則があったので、剣道部を辞めてからは帰宅部に腰を下ろしたわけです(*^▽^*)

 

高校の剣道では部員が少なかったせいもあり、正直あまり真面目に活動していませんでした。

私の部活としての剣道の思い出は、中学の方が圧倒的に多いです。

思い出をいくつか挙げるとすれば・・・

 

・夏場に防具をつけて練習したことで、汗臭さに耐性がついた

・冬場の冷たい床を素足で練習したことで、足の皮が厚くなった

・礼節を学んだ

・集中力が上がった

 

などが大きな思い出と学んだことですね(*^▽^*)

 

そして最大の剣道での思い出と言えば「審判」ですね。

何度審判をやっても「1本」や「有効打」が判別できないのです(T_T)

「選手として試合とかしているのだからわかるだろ?」と思うでしょうが、これがなかなかそうでもないのです。私だけかもしれませんが・・・

 

一瞬の交錯でお互いに技を放っているわけですから、速いし実際に有効部位に当たっているかを判別しづらいのです。

審判をやっているとき内心「みんな何であんなに自信満々で判定できるんだろう?」と思っていました(^-^;

 

部活の練習で型の反復練習や体力づくり試合などは何度もこなした記憶はありますが、審判の練習はした覚えがありません。

今にして思えば私が未熟だったのか、私が知らないだけで審判の練習があったのかもしれません。

なんにせよ少し恥ずかしい思い出です。

 

ということで今週のお題「わたし○○部でした」は「部活の思い出=微妙にしょっぱい」でした。

「寝る、遊ぶ、時間を決める」の三原則!

今週のお題「やる気が出ないときの◯◯」

 

ソース画像を表示

基本的にやる気がないときは諦めて寝るか思い切り遊んでいます(^-^)

とくに緊急性のないものや今すぐではないものは、後回しにします。

やる気のないときに無理してやっても碌な結果にならないので(^^;)

ただしどうしてもやらなければならないものに関しては話は別です。

 

大抵やらなければならないことを後回しにするとさらに面倒なことに発展するので、それを回避するための策として私の場合はある程度の時間を決めてやります。

 

やる気がない状態でも後回しにできないものがあるとき、スマホのタイマー機能で時間設定をして「その時間内だけは集中してやる!」と決めてやっています。

「やる気がない=集中も出来ない」のですがダラダラと時間を浪費してやるよりかは、少しはマシだと思います。

 

ちなみにテレビを消し、タブレットで動画も見ず、スマホは音楽再生機能のみ使用という簡易ルールも設けます。

とくにスマホのLINEなどで連絡があったとしても、その時間内は完全に無視します。

本当に緊急性の場合はきっとしつこく連絡してくるでしょうし、最終的に電話がかかってくると思うので( ̄▽ ̄)

 

そうして誘惑と邪念をその時間だけは振り払い取り組むと、意外とあっけなく終わります。

「その時間内だけ頑張れば後は自由時間!」というご褒美があることが分かっているからこそできる芸当ですね。

でなければたとえ1時間でも耐えられません。だってそもそもやる気がないわけですからw

 

ということで今週のお題「やる気が出ないときの◯◯」は「寝る、遊ぶ、時間を決める」の三原則!でした。

短い時間で無理なく続けられる宅トレをしよう~プランク編~

「短い時間で無理なく続けられる宅トレをしよう」をコンセプトに、短い時間(部位ごとに3~5分くらい)で無理なく続けられる宅トレ(筋トレ)動画を紹介していきます。

 

以前の「腹筋編」、「背筋編」、「腕立て編」、「尻トレ編」、「脚トレ編」をまだ見ていない方は以下にリンクを貼っておきますのでよろしければ見て下さい。

短い時間で無理なく続けられる宅トレをしよう~腹筋編~ - 日々平穏 ~daily peace~

短い時間で無理なく続けられる宅トレをしよう~背筋編~ - 日々平穏 ~daily peace~

短い時間で無理なく続けられる宅トレをしよう~腕立て編~ - 日々平穏 ~daily peace~

短い時間で無理なく続けられる宅トレをしよう~尻トレ編~ - 日々平穏 ~daily peace~

短い時間で無理なく続けられる宅トレをしよう~脚トレ編~ - 日々平穏 ~daily peace~

短い時間で無理なく続けられる宅トレをしよう~ふくらはぎ編~ - 日々平穏 ~daily peace~

 

第7回目はプランクです。では早速いきましょう!

※ オススメ度を5段階の☆で表しています。あくまで個人的なオススメ度なので参考程度にして下さい。

 

【4分間で確実に痩せる‼】痩せたい人だけ体幹サーキット ‼【プランクサーキット】

 

☆☆☆☆☆

最初にご紹介するのは【ジェットゆうの成長日記】プランクメニューです。

所要時間は4分で各動作の前には休憩があります。

各動作のポイントは画面下に明記されています。バックで流れている音楽もコミカルで気分良く体を動かすことが出来ます。

ただ秒数を示すタイマーのようなものがないので、その点は若干不便に感じるかもしれません。その代わり各動作が終わる5秒前から音声でカウントはしてくれます。

ですが私はこのメニューをオススメします! それは何故か!? 実際に私が一番行っているプランクメニューだからです!!

以下に紹介しているプランクメニューもやっていますが、それでも一番回数をこなしているのはこのメニューです(^-^)

「それは何故か?」と言われても非常に説明しづらいのですが、おそらく単純に無理なく楽しくできるからだと思います。

メニューの内容的には強度は高めなのですが、休憩も十分にあるので無理なく行えます。

かなり個人駅な意見なのは理解していますが、このプランクメニューはイチオシです!

 

プランクでぽっこりお腹ダイエット!お腹周りを凹ますプランク8選【1日3分】

 

☆☆☆☆

2つ目にご紹介するのは【Keisuke Hayashi(uFit)】プランクメニューです。

所要時間は3分で20秒間の休憩が途中に一回だけあります。

次に行う動作は画面左側にワイプで表示されるので、そちらを参考にする形です。

秒数も画面右上に表示されているので、分かりやすいです(^o^)

余計な広告もなくすぐにトレーニングに入れるのですが、最初のプランクの動作に入る際になんのカウントもないのでその点だけは少し不親切に感じるかもしれません(^_^;)

 

【毎日3分】初心者向け!地獄のプランクサーキットで速攻お腹を引き締めよう!【腹筋トレーニングダイエットで痩せる】家で一緒にやってみよう

 

☆☆☆

3つ目にご紹介するのは【Marina Takewaki】プランクメニューです。

所要時間は3分で各動作の前に10秒間の休憩があります。

実際にトレーニングを行いつつ各動作のポイントを、分かりやすく言葉で説明してくれます(^^)

また次に行う動作は右上にワイプで示され、秒数も左上に表示されているので非常に親切設計です。

【Marina Takewaki】のトレーニングメニューは無理なく行えるもは勿論ですが、バックミュージックのチョイスが個人的に好きです(^o^)

追い込むような選曲ではなくノリノリで楽しくトレーニングを行える選曲になっているので、気分がのらないときでも意外に楽しく行えるメニューになっています。

 

【毎日2分】お腹をぎゅっと引き締める最強プランク

 

☆☆☆

4つ目にご紹介するのは【のがちゃんねる/nogachannel 】プランクメニューです。

所要時間は2分で休憩はありません。

各動作のポイントはのがちゃんが無機質のような声(そう感じるのは私だけかもしれませんが・・・)が解説してくれます。

秒数は画面上部に、次に行う動作は画面右にワイプで表示されています。

2分と時間的には短いのですが休憩がないので、最初はすべてのメニューをこなすことは難しいと思います。

実際に私も最初は出来ませんでした(^_^;) 正直今でも若干厳しいです。

少ない時間で強度が高いのは魅力的ですが、休憩がないのではじめてプランクにチャレンジする方はキツくて心が折れるかもしれないのでご注意を(>_<)

 

【1日1分1動画!!】28日目!!【1分でお腹がへっこむ体幹レーニング!!】

 

☆☆

最後にご紹介するのは完全に常連の【ジェットゆうの成長日記 1日1分1動画!!】プランクメニューです。

所要時間は最短の1分です。

軽く動作説明をしてすぐにメニューがスタートされる時短トレ!

秒数は左上に表記されています。

たがが1分されど1分です。このプランクメニューを最初に行う際は「あれ? 1分ってこんなに長かったっけ?」と感じる方が結構いると思いいます。

私もそうでした(^_^;)

プランクの1分って結構長く感じるんですよね。

それでも1分なのでなんとか続けられると思います。

続けていくうちに1分が余裕に感じるようになったら、上記で紹介したプランクメニューにチャレンジしてみるのも良いと思います(^o^)

大事なのは無理せず楽しく続けることです!

頑張り過ぎずにゆる~く続けましょう(^o^)/

 

最後に・・・

今回はプランクメニューをご紹介しましたが、挑戦してみたいメニューはありましたか?

プランクは隙間時間で始めやすい種目なのでオススメです(^-^)

最初はプルプルと体が震えてキツいと思いますが、継続していくと確かな成果を感じられるのでやった感(達成感)を強く感じることが出来ます。

 

この記事で「短い時間で無理なく続けられる宅トレをしよう」シリーズは、一旦区切としようと思います。

部位ごとに色々なメニューを紹介してきましたが、継続して行えそうなメニューはありましたか?

 

以前の私はボディービルダーやフィジーク選手のような体に憧れていました。

ですがジムに通ったり食生活を制限するほどストイックになることはできませんでした(>_<)

今は「歳をとっても動ける体」を目標にしているので、今回のようなテーマで記事を書きました。

やっぱり歳をとっても自力で動ける体でいたいので、そのためには体を動かすことが大事です。

でも長くキツすぎるメニューでは続かないし楽しくもない。

せっかく体を動かすなら楽しい方が良いですかね(*^▽^*)

出来ない日があっても良いのです。出来なかった日に罪悪感を感じる必要はありません。

むしろ無理なく楽しく続けている自分を褒めるくらいの気持ちでいきましょう!

 

それではみなさん「短い時間で無理なく続けられる宅トレをしよう」の記事を見て頂きありがとうございました。

またテーマを決めて色々なメニューを紹介したいと思っていますので、乞うご期待です!

田舎の雰囲気が残っている安心感

今週のお題「地元自慢」

 

私の地元は玉の川で最近何かとテレビで取り上げられる機会が増え、交通のアクセス面でもかなり便利になってきています。

そういう面だけ見れば「都会感」を感じるかもしれませんが、地元民からすれば今でも良い意味で「田舎」です。

確かに駅周辺などは段々と近代化されてきていますが、少しそこから遠ざかれば田んぼや畑などが広がる風景に変わります。

また古くからその土地で生活している家では比較的土地が広いこともあり、一般家庭の庭ではまず見ることがない桜の木や柿の木などが植わっており、育った実を収穫している姿を見ることもあります。

 

家庭菜園は多くの方がやっているかと思いますが、面積が大きな畑や果実が実る大きな植物などは管理が大変なので都会にはないと思います。

 

しかしそれが当たり前に存在しているのが玉の川なのです!

田舎と言えば田舎なのですが私としては人工的な建物より田園風景を見る方が、心が安らかな気持ちになります(^-^)

 

もっとも若い頃は東京に憧れていて川越の「田舎っぽい」雰囲気が好きではありませんでした。

しかし年齢を重ねて振り返ってみると「あの頃は何故都会に対してあんなにも憧れがあったのか?」と自問自答しても答えが思い出せませんでした(>_<)

若かったからでしょうか?

 

今では自転車通勤時に遠くに見える富士山や田んぼや畑の土の匂い、小川や川のせせらぎなどが荒んだ心を癒してくれます(^_^)

田舎には都会にはない自然というか田園風景から感じる「匂い」や「音」があり、それを毎日何でもない日常の中で感じることが出来ることが最大の自慢ですね(^-^)v

 

ということで今週のお題「地元自慢」は「田舎の雰囲気が残っている安心感」でした。