日々平穏

日々平穏が大事というコンセプトで、日々の楽しみや日常で役立ちそうな品の紹介を書いていこうと思っています。

MENU

必見! 100円ショップで購入できるオススメ商品!! ~エコ・アクリルン キッチンスポンジ(キャン★ドゥ)~

100円ショップで購入できる商品で、私が実際に使用して「これは!?」と思ったものを1つずつ紹介していきたいと思います。

お金がないこのご時世、100円ショップにお世話になることが多いと思います。

ですのでこの記事で紹介した商品が少しでもみなさんの生活の役に立ってくれることを願いつつ、さっそく紹介していきたいと思います。

今回紹介するのはキャン★ドゥで販売している『エコ・アクリルン キッチンスポンジ』です。

 

以前の記事をまだ読んでない方は以下にリンクを貼っておきますので、よろしければ読んでみて下さい

hibiheion.hatenablog.com

hibiheion.hatenablog.com

hibiheion.hatenablog.com

 

エコ・アクリルン キッチンスポンジ~水だけで油汚れや茶シブも落とせるニットクリーナー~

 

■商品概要■
  • 材質➡アクリル(ネット)、ポリウレタンフォーム
  • 耐熱温度➡約90℃
  • 価格➡110円(税込み)
  • 原産国➡中国
  • 表示者➡株式会社オカザキ

 

商品を実際に使用してみての感想と評価ポイント

以下は私が購入して実際に使用してみて感じたことを書いてみました。

もちろん商品の使用感は個人差があると思うので、参考程度に読んで下さい。

(※あくまで使用感の感想は私の個人的なものです。その点はご了承下さいm(__)m)

 

  • 原産国➡「MADE IN CHINA」(中国製)。化粧水など肌に直接塗るものではないので、「日本製」大好きの私ですが大丈夫です!←何が!?
  • 見た目➡明るめの黄色のスポンジです。スポンジ自体の大きさは一般男性の手の大きさでもしっかりと握れる大きさで、スポンジの網目の大きさは一般的なネットスポンジと同じくらいです。
    ネットの部分がニットのためか普通のものよりモコモコしており、少し年月を経たぬいぐるみのような感じがします。
  • 使い心地➡私個人の意見では非常に使いやすいです。100円ショップで販売している他のスポンジより、硬いというかスポンジ自体がしっかりとしている印象です(ネット部分がニットだからでしょうか?)。洗い物で毎日スポンジを使用したとき、私の場合は1ヶ月程度で交換しています。流石に1ヶ月使い続けるとへたってしまいますから(^-^;
    汚れ落ちは比較的に良いと思います。「水だけで食器の油汚れや茶シブなどを落とせます」、「洗剤を使用しなくてもよいので、手肌をいたわり環境にもやさしいクリーナーです」、「洗剤の節約にもなります!」とあるように水で擦っただけでも普通の汚れ程度なら落ちます。頑固な油汚れは流石に水のみでは厳しいです。
    分かりやすいかどうか微妙ですがイメージとしては、浴槽を手持ちスポンジで洗っていた頃に使用していたあのスポンジに使用感が似ているように私には感じました。この表現・・・わかる人いるかな?
  • 価格➡110円(税込み)。100円ショップで売っているので当たり前なのですが、この品質のものが110円で常に購入できることは非常に助かります。
    スポンジは食洗器がない家庭では毎日洗い物で使う消耗品です。「ネットスポンジなんてどれも同じだろう?」と思う方もいると思いますが、自分で洗い物をしているとやっぱり使用感に違いを感じるものなんですよ( ̄▽ ̄)
    「握りやすさ」、「コップに突っ込んだ時のフィット感」、「使い続けて数日でへたってぺったんこにならないか」など気になるものなんですよ。
    今回紹介している『エコ・アクリルン キッチンスポンジ』は私にとってはベストなスポンジでした。

 

 

最後に・・・

今回は『エコ・アクリルン キッチンスポンジ』を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

今では食洗器も大分普及してきましたが、どの家庭も必ず持っているわけではありません。

お値段も結構しますしね(;^ω^)
それに外食が多い方や一人暮らしの方などは洗い物がそこまで出ないと思うので、高い食洗器などは持っている確率が低いと思います。

そこでこの『エコ・アクリルン キッチンスポンジ』です。洗い物が好きな方は稀だと思いますが水のままでもそれなりに汚れは落ちますし、洗剤をつけるとより落ちるので奇跡的に洗い物が楽しくなるかもしれません!(^^)!

まあないとは思いますが・・・

 

私の使った感想としてはスポンジ自体の強度は結構あり、汚れ落ちも結構良かったのですぐにへたるスポンジに不満がある方は是非一度お試し下さい。

ということで今回は『エコ・アクリルン キッチンスポンジ』を紹介しました。100円ショップで販売している各種スポンジにも色々と使用感の違いがあるので、これを期に自分にあったスポンジを探すのも面白いですよ(*^▽^*)

 

私は近所の店舗で購入していますがキャン★ドゥオンラインショップ」でも購入できるので、以下にサイトのリンクを貼っておきますのでよろしければ覗いてみて下さい。

※ 以下に貼ったリンクは『大量注文専門 Can☆Do(キャンドゥ)の公式ネットショップのものです。1個から注文可能な『Can☆Do(キャンドゥ)の公式ネットショップもあるのですが、何故かそちらには今回紹介した商品がないようでした。私の探し方が悪いのかもしれません。ですので一応『1個から注文可能なCan☆Do(キャンドゥ)の公式ネットショップ』のURLも貼っておきますので、覗いてみて下さい。

ec.cando-web.co.jp

 

netshop.cando-web.co.jp

これはもうソフト麺一択でしょう!

タイトルがこのお題の全ての答えを示しています(^-^)

そう・・・私の好きだった給食メニューはずばりソフト麺です。

イメージ的にはこんな感じのやつです。

給食のソフト麺|iroha|note

 

これが献立表に記載されている日は朝からテンション高めだったのを覚えていますw

大抵の場合、付け合わせのスープは私の世代はミートソースが定番でした。

しかしミートソースの場合は高確率で服の胸元を汚していました(/ω\)

 

袋に入ったソフト麺を食べる際はまず「袋の中央で半分に切る!」が鉄則でしたね。

だってそのままの大きさだとミートソースの入った器に入らないんですよ、これが!

無理やり入れていた猛者もいましたが・・・ばっちりこぼしていましたね( ̄▽ ̄)

 

そしてソフト麺が献立の日あるある!」

 

  • 欠席者がいると男子が盛り上がり、誰が余ったソフト麺を手に入れるかのジャンケン大会が開催される。
  • 何故か子供たちに人気メニューの時だけ丸型食缶(寸胴鍋に似た形で持ち手のフックがついているやつ)を運んでいる人が廊下で中身をぶちまける。
    結果として他のクラスからミートソースを分けてもらうが、ソフト麺に対してミートソースが少なすぎてほぼソフト麵の味しかしない悪夢。

 

いや~ミートソースを廊下にぶちまけた後の給食のおつやムードは、今でも思い出すとグッとくるものがありますね(^-^;

最近の給食事情はよくわかりませんが、私が子供の頃の給食は今思えば結構贅沢なメニューだったのかな?

ちなみに今でもたまに「ソフト麵」が無性に食べたくなることがあります。

まあ普通に買って食べますけどね(^^♪

 

ということで「好きだった給食メニュー」「ソフト麵」でした。

Oisix特別お題キャンペーン「好きだった給食メニュー」

Oisix(オイシックス)×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by Oisix(オイシックス)

必見! 100円ショップで購入できるオススメ商品!! ~若物語 しっとり化粧水 化粧液(キャン★ドゥ)~

100円ショップで購入できる商品で、私が実際に使用して「これは!?」と思ったものを1つずつ紹介していきたいと思います。

お金がないこのご時世、100円ショップにお世話になることが多いと思います。

ですのでこの記事で紹介した商品が少しでもみなさんの生活の役に立ってくれることを願いつつ、さっそく紹介していきたいと思います。

今回紹介するのはキャン★ドゥで販売している若物語 しっとり化粧水 化粧液です。

 

以前の記事をまだ読んでない方は以下にリンクを貼っておきますので、よろしければ読んでみて下さい

hibiheion.hatenablog.com

hibiheion.hatenablog.com

 

 

若物語 しっとり化粧水 化粧液

 

■商品概要■
  • 内容量➡200ml
  • 原産国➡「MADE IN JAPAN」(日本製)
  • 価格➡110円(税込み)
  • 無着色+微香性
  • 化粧液➡化粧水と乳液の働きをもつ2in1のローション
  • 販売名➡スキンローションSM
  • 発売元➡株式会社クーザ
  • 製造販売元➡株式会社ハッピーベール

 

<成分>

水、グリセリンエタノール、PCA-Na、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、メチル

パラベン、トリエチルヘキサノイン、ジフェニルジメチコン、PEG-60水添ヒマシ油、フェニルベンズイミダゾールスルホン酸、水酸化K、香料

 

商品を実際に使用してみての感想と評価ポイント

以下は私が購入して実際に使用してみて感じたことを書いてみました。

もちろん商品の使用感は個人差があると思うので、参考程度に読んで下さい。

(※あくまで使用感の感想は私の個人的なものです。その点はご了承下さいm(__)m)

 

  • 原産国➡「MADE IN JAPAN」(日本製)。やはり安心と信頼の日本製です。特に肌につけるものなら尚更原産国を気にしますよね? 意外と肌が敏感な私としては基本的に日本製以外使用しないので、非常に助かっています。長期で使用しても肌荒れなどのトラブルはありませんでした(^-^)
  • 内容量➡200mlという内容量は妥当だと思います。だって110円ですし。使用してみると結構多く感じるので、私は毎朝洗顔後にバシャバシャ使用してます!(^^)!
  • 化粧液という2:1➡化粧水と乳液の働きを持つローションなので、洗顔後のお手入れがこれ1本で済みます。出勤前の朝の忙しい時間帯には非常に助かります。
  • 容器の見た目➡白地に青系統の文字色でオシャレです。正面には「日本製」と明記し、商品特徴も一目でわかりやすく書いてあるので良いと思います。
  • 香り➡「微香性」と明記してありましたが私は香りは感じませんでした。むしろ無香(?)な気がしました。これは個人の嗅覚の問題なので「微香性」でも気になる方は気になるかもしれません。
  • ローションの粘度「シャバシャバ」という表現が適当ですかね? ローションだけに結構水っぽいです。朝急いでいるときなどは勢い余ってたまに大量に出しすぎて手からこぼすこともしばしば(^-^;
  • ローションの乾き具合➡わりと早いです。顔に塗ってから体感で1分30秒~2分くらいでほぼ肌に馴染んで乾いていく感じです。
  • 価格➡110円(税込み)。100円ショップで売っているので当たり前なのですが、この品質のものが110円で常に購入できることは非常に助かります。男性でもある程度の年齢を迎えると頭皮やらお肌が気になるものです。かと言っていきなり高い化粧品を購入して、それが自身の肌に合わなかったら最悪です(/ω\)
    そう考えると100円ショップで売っている化粧水を、お試しで使うのもアリだと思います。110円だからもし肌に合わなくてもお財布のダメージは軽微ですし、110円だから「バシャバシャ」つかえますしね(^-^)

 

 

最後に・・・

今回は「若物語 しっとり化粧水 化粧液(キャン★ドゥ)」を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

男性でもおっさんに足を踏み入れると今までさほど興味がなかった頭皮やら肌が気になり始めます。

でも化粧水にそんなにお金をかけたくない、または初めての化粧水デビューとして今回紹介した化粧液はおすすめです(^-^)

化粧液(化粧水と乳液の働きを持つローション)なので洗顔後はこれ1本で済みますし、何より110円だからケチらずに思い切って使えますからね。

「おっさん」ばかりにおすすめではなく、もちろん女性にもおすすめできる商品ですw

安価で日本製の化粧水、初めて化粧水を使用するけどどれにするか迷っている方は是非一度試してみて下さい。

※ 私は大丈夫でしたが人によっては肌に合わない場合もあるので、異常がでた際は使用を中止して最寄りの皮膚科で診察してもらって下さい。

 

私は近所の店舗で購入していますがキャン★ドゥオンラインショップ」でも購入できるので、以下にサイトのリンクを貼っておきますのでよろしければ覗いてみて下さい。

netshop.cando-web.co.jp

必見! 100円ショップで購入できるオススメ商品!! ~サイドステッチベルト(115cm)~

100円ショップで購入できる商品で、私が実際に使用して「これは!?」と思ったものを1つずつ紹介していきたいと思います。

お金がないこのご時世、100円ショップにお世話になることが多いと思います。

ですのでこの記事で紹介した商品が少しでもみなさんの生活の役に立ってくれることを願いつつ、さっそく紹介していきたいと思います。

今回紹介するのはダイソーで販売しているサイドステッチベルト(115cm)です。

 

以前の記事をまだ読んでいない方は以下にリンクを貼っておきますので、よろしければ読んでみて下さい。

hibiheion.hatenablog.com

 

サイドステッチベルト(115cm)

■商品概要■
  • 原産国➡「MADE IN china」(中国製)
  • 価格➡110円(税込み)
  • 材質➡ポリウレタン亜鉛合金
  • 単品サイズ➡3.2cm×100cm×1cm

 

 

商品を実際に使用してみての感想と評価ポイント

以下は私が購入して実際に使用してみて感じたことを書いてみました。

もちろん商品の使用感は個人差があると思うので、参考程度に読んで下さい。

(※あくまで使用感の感想は私の個人的なものです。その点はご了承下さいm(__)m)

 

  • 原産国➡「MADE IN china」(中国製)。日本製ではないのが正直残念ですが日本製だとまず110円で購入できないので、消耗品だと考えれば十分ですね。
  • 見た目➡非常にシンプルなデザインなのでどんな服にも合わせやすいです。色も「黒」と「ブラウン」の2色あるので、シーンによって使い分けが出来ます。
  • 香り➡独特な匂いはしますが私はそこまで気になりませんでした。
    使っているうちに匂いは薄くなりますからね。
  • 強度➡個人的にはベルトの穴付近の強度が少し弱いと感じました。体を動かす仕事の方は穴付近から損傷していく速度が速いかもしれません。またはお腹が成長してしまうと損傷大ですw
  • 価格➡110円(税込み)。100円ショップで売っているので当たり前なのですが、この品質のものが110円で常に購入できることは非常に助かります。
    とくにベルトは消耗品なのでデザイン性のある高価なベルトとは違い、110円という価格なら容赦なく使い潰す感じで気にせず使える点は非常に助かります。
  • サイズ➡115cmというサイズ、これは下っ腹が出てきた年代には重要なサイズです。まず100cmと105cmは論外。110cmは締まらなくはないですが少し不安・・・そこで115cmです! あと5cmある安心感。
    私自身110cmでもベルトの穴を自前で増設すれば結構余裕なのですが、やっぱり同じお値段なら5cm長い115cmを選んじゃいます(^-^)
    「下っ腹を引っ込める努力をしろ?」おっしゃる通りですが、腹筋しても中々ヤツは引っ込んでくれないんですよ(;^ω^)
    この苦しみ・・・わかる方は多いと思います。

 

最後に・・・

私の仕事内容では1ヶ月で体を動かす仕事7割、デスクワーク3割という感じなので2ヶ月に1本というペースでベルトを破壊もとい交換しています。

やっぱり体を動かすことでベルトの穴部分に結構な負荷がかかるようで、そこから損傷が始まります。

でも高価なベルトではないので思い切りかつ、損傷を気にせずに使用しています(^-^)

「損傷を気にせずに使用できる」というのは110円という価格だから可能な荒業です。

体を動かす仕事の方、下っ腹が出てきてベルトのサイズに不安がある方には非常におすすめな商品だと思います。

 

ということで今回はダイソーで販売している「サイドステッチベルト(115cm)」を紹介させて頂きました。

みなさんも高価なベルトでなくシンプルかつ消耗品と割り切ったベルト(115cm)をお探しなら、是非一度試してみて下さい。

 

私は近所の店舗で購入していますがダイソーオンラインショップ」でも購入できるので、以下にサイトのリンクを貼っておきますのでよろしければ覗いてみて下さい。

www.daisonet.com

紙媒体の時はこだわり、電子書籍になってからはこだわりナシ!

今週のお題「本棚の中身」

 

紙媒体で書籍を購入していた頃は本棚の並びに、並々ならぬこだわりがありました。

具体的には作者別に綺麗に並べていた記憶があります。

しかし新刊が発売されるたびにカツカツに詰め込まれた本棚の並びを変える作業に終われ、最終的にはわりとぐちゃぐちゃになってしまいました(^-^;

まあそれはそれで面倒くさかったけれど、楽しい思い出でした。

 

そして年齢を重ねると昔ほど読書に割く時間も減り、紙媒体の本も購入しなくなりました。

本棚も部屋のスペースを結構とるので、いずれは撤去しようかと考えています。
所持している紙媒体の本もわりと劣化しているものが多く、これもお気に入りの本以外は売却することになると思います。

昔はあれだけこだわっていた本棚も今では「当時は何であんなにこだわっていたのか?」と考えるレベルです。

いや~時間の流れは恐ろしい(;^ω^)

 

さきほど「読書の時間が減った」と書きましたが全く読まなくなったわけではなく、今はkindle電子書籍を読んでいます。

電子書籍の良いところはかさばらないので、部屋のスペースを圧迫しないところですね。

それにスマホでも専用のアプリをインストールしておけば手軽に読めますしね(^-^)
ただ購入してからダウンロードしてそのままの状態なので、kindleのライブラリは控えめに言ってぐちゃぐちゃですw

昔と違って今では「とりあえず読めれば良いや」状態なので、ジャンル分けすらしていない始末です。

あの時の本棚への情熱は一体どこに行ったのやら・・・それだけ時間と心に余裕がない証拠かもしれませんね( ̄▽ ̄)

 

ということで今週のお題「本棚の中身」は「紙媒体の時はこだわり、電子書籍になってからはこだわりナシ!」でした。

 

 

必見! 100円ショップで購入できるオススメ商品!! ~馬油ハンドクリーム~

100円ショップで購入できる商品で、私が実際に使用して「これは!?」と思ったものを1つずつ紹介していきたいと思います。

お金がないこのご時世、100円ショップにお世話になることが多いと思います。

ですのでこの記事で紹介した商品が少しでもみなさんの生活の役に立ってくれることを願いつつ、さっそく紹介していきたいと思います。

今回紹介するのはダイソーで販売している馬油ハンドクリームです。

 

馬油ハンドクリーム(HORSE OIL)

 

■商品概要■
  • 内容量➡60g(2.1oz)
  • 原産国➡「MADE IN JAPAN」(日本製)
  • 価格➡110円(税込み)
  • 香料➡微香
  • 単品サイズ➡5.5cm×3cm×13.5cm
  • 天然保湿成分配合
  • 販売名➡Dハンドクリーム(HC64)
  • 製造販売元➡株式会社CNJ 東京都台東区上野3丁目22-8

 

<成分>

水、セタノール、グリセリンステアリン酸ステアリン酸グリセリル、パラフィンミネラルオイル、ワセリン、馬油、スクワラン、ホホバ種子油、ヒアルロン酸Na、ヒバマタエキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、スギナエキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、トコフェロール、パルミチン酸セチル、オクチルドデカノール、BG、ジメチコン、TEA、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、香料

 

 

商品を実際に使用してみての感想と評価ポイント

以下は私が購入して実際に使用してみて感じたことを書いてみました。

もちろん商品の使用感は個人差があると思うので、参考程度に読んで下さい。

(※あくまで使用感の感想は私の個人的なものです。その点はご了承下さいm(__)m)

 

  • 内容量60g(2.1oz)➡一般的なハンドクリームの容量は60~80gくらいだと思うので、60gは妥当だと思います。
  • 香り➡私個人としてはそんなに嫌な香りではありませんでした。でも無臭ではなくほのかに香る感じなので、この香りが苦手な方は厳しいかもしれません。
  • 手になじむ感覚➡スーッと伸びて素早く馴染んでくれます。それほどベタつき感もありませんでした。
  • 原産国➡「MADE IN JAPAN」。この表示があるだけでものすごい信頼と安心感があります。
  • パッケージ➡白地に馬の毛のような赤茶色の文字で「馬油 ハンドクリーム」とシンプルな感じ。馬油だけに馬のイラストも前面にありますよw
  • 価格➡110円(税込み)。100円ショップで売っているので当たり前なのですが、この品質のものが110円で常に購入できることは非常に助かります。

 

最後に・・・

私は仕事柄手の油分を持っていかれることが多いので、カバンの中や仕事場には馬油ハンドクリームは必ず常備しています(^-^)

冬場ほどではないのですが夏場でも油断していると、指先がカサついたり爪先にササクレができたりします。

現状私は馬油ハンドクリームを手放せません!!

 

これまで色々なハンドクリームを試してきましたが「香りが合わなかった」「クリームを塗った後のベタつきが酷い」などの理由で、結構悩まされました。

あとは「香り」「ベタつきナシ!」のハンドクリームに出会っても、お値段が・・・毎日使う人間からしたらお高いものが多かったです(/ω\)

その点ダイソーで販売している馬油ハンドクリームは内容量、香り、ベタつき感が私には非常に満足いくものだったので今回紹介させて頂きました。

何より110円なのが最大の魅力ですね。結構量を使う側としてはとくに(^-^;

 

ということで今回はダイソーで販売している「馬油ハンドクリーム」を紹介させて頂きました。

みなさんももし夏場でも手荒れに悩んでいたら、是非一度試してみて下さい。

 私は大丈夫でしたが万が一肌に合わずに異常が出た場合は使用を中止して、皮膚科に行って診察してもらって下さい。

 

私は近所の店舗で購入していますがダイソーオンラインショップ」でも購入できるので、以下にサイトのリンクを貼っておきますのでよろしければ覗いてみて下さい。

www.daisonet.com

半袖の服、メッシュの下着・・・いや一番最初に出す夏物は扇風機&サーキュレーターでしょ!

今週のお題「夏物出し」

 

夏になると私は初夏でも汗を大量にかくので、夏用の薄着を早めに準備します。

まあそれももちろん重要な準備なのですが、それよりも優先すべきこと・・・それは扇風機サーキュレーターの準備です!

夏物の服は結構早い段階からみなさん準備していると思います。

梅雨のシーズンでも蒸し暑い日が結構あるので、意外と薄着を着る機会が多かったりするんですよね(^^;)

エアコンも梅雨の時期になると洗濯物の強制乾燥のために、わりと早い段階で使用している方も多いと思います。

 

しかし扇風機とサーキュレーターは意外と登場が最後になりがちです!

それは何故なのか!? 端的に言えば「カーッ」と突然暑くならないとその必要性を感じないからだと思います。

私は特に風呂上りのサーキュレーターにはすでにお世話になっています(^-^)

なにせ湯上りの汗が一気に引くので、服がべたつかなくて済むので。

また扇風機も蒸し暑い日には、すでに就寝時に使用していますね。

流石に扇風機はタイマーを短時間に設定して使用しています。喉をやられると面倒なので(^-^;

 

あと小型のサーキュレーターはトイレでも必需品ですね。

これに関してはまだ出していませんが、こちらもすぐに登場することになるでしょう。

なにせ梅雨明けの真夏のトイレは地獄ですから(つд⊂)エーン

トイレにもエアコンが設置してあるお宅は快適なのでしょうが、我が家はないので小型のサーキュレーター(2台設置!)がないとサウナ状態になります。

ありがとうサーキュレーター!!

 

梅雨の時期から色々と夏物の準備を始めていますが、みなさんも必ずお世話になる扇風機とサーキュレーターの準備はお忘れなきよう!

 

ということで今週のお題「夏物出し」は「扇風機とサーキュレーター」でした。